読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mick-Bike

Mick Kamiharaの自転車関連日記

シマノ鈴鹿 2014

2年ぶりの挑戦。今年はIntermediate(2周/11.6km)クラスに挑戦しました

 

f:id:mick_kamihara:20140823233924j:plain

早朝の到着から試走、自分のレースまでは晴れ。その後ゲリラ豪雨でレースは中断し、結果としてそれ以降のレースは全てキャンセルになりました。大変気の毒な結果になりました

 

自分のレースの結果はIntermediate(中級)クラスの3組目。200人前後でスタートして、鈴鹿サーキットをF1やバイクとは逆向きに2周走るレースです

途中スプリント賞もありますが、狙いはゴール時に上位に入ることです。よって、常に上位集団で走ることが必要で、ゴールスプリントも重要です

作戦としては残り200mで発射です

 

スタート前に、熊トレ/カーズさんからアドバイス。常に10位前後の位置につき、スプリントは200mくらいでかけ、サイドスプリント位置も意識するとのこと。だいたい自分の考えていたことと同じですが、最終スプリントの傘の話しは意外でした

 

スタートラインへはゼッケン順。3組目は600番からなので、731番の自分は一番後ろのほう。なのでスタートからシケインまではガシガシ踏んで坂も踏んで20位くらいに付けます

集団の中に入ると楽できます。先頭もそんなに飛ばさないのでしょうね

たまに飛び出す人がいますが、すぐに吸収されたり。

スプーンカーブの坂を出る頃には一度前に出てしまい少しの間引きましたが、すぐに下り脚をためられたり。回りも声をかけながら意識的に危険なことがないようにして素晴らしいです。

 

そんな中残念だったのは北陸の白いジャージのチーム。大挙して参加していましたが、危ない走行が目立ち、先頭集団内でも罵声を浴びていました。コースを突然変えるような走行が目立ち、最終の1コーナーではほかの選手をグラベルに突き出していました。有名チームらしく見本になって欲しいところ

 

1周目は淡々と終わり20位で通過

ホームストレートで少し振るい落とし、シケインの坂でもトップ集団が少し軽くなった印象。裏のストレートでもツキイチで楽させてもらいましたが、またスプーンで風に当たる展開。でも思ったほどきつくなく、まだ余裕がある状態。シケインを立ち上がって加速しますが、ここで踏み過ぎると損だよというすわんさんの言ったことを思い出し抑えながら先頭を先行させると、見事にその次の坂で次々と降ってくる。ダンロップに向けて坂で踏んでまた10位前後の位置につけ、下り坂。

 

1コーナーを立ち上がる頃には20位くらいだったのかなあ。よく覚えていないけど

今回は残り300mの看板ではなく200mからスプリントすると決めてました

なので、1コーナー立ち上がり時は我慢して前のやつにシッティングのまま着いて行きます。何人かスプリントを始め自分を抜いていきます

残り300mでもがまん、200mからダンシングでギヤを上げて加速。周囲をどんどん抜きながら50km/hに達したところでゴールしました

 

結果としては156人完走のうち、15位でした

 

リザルト

 

【良かったところ】

落ち着いて走れた

トップ集団に常に入れた

危ない走りをする人を落ち着いてみれ、避ける事が出来た

 

【反省点】

自分のゴールスプリント力をもうちょっと把握するべき。ゴール後もうちょっと伸びて美味しいところがあったのに、加速開始が遅かった

たまに下向いてた

 

 

Strava