読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mick-Bike

Mick Kamiharaの自転車関連日記

2015 Crifford Round1

Crifford主催のMTBレースに参加しました

f:id:mick_kamihara:20150420225130j:plain

crifford.jimdo.com

MTBクラスの一番初心者向けC4というカテゴリーです

めっちゃ楽しかったですね

 

写真はこちらから

www.flickr.com

浜松から近い三ヶ日の山の中での開催

ここは普段からロードの練習でも来るオレンジロードや峠からもすごく近くて親しみのある場所です。こんなところでMTB乗れるなんてめっちゃテンション上がりますね

 

到着後受付して試走開始

今日から熊トレジャージです(笑)

お世話になっているショップの斎藤さんやしゅんけすさんが同じジャージで走っていてテンションさらに上がります。

 

しかし試走してみるとわかったのが、なんと難しいコース

とくにスタートから登りきってから下るところがなんとキャンバー付いている上に滑りやすいところ。スピード出して降りたらすぐにヘアピン+竹林突入という難所

f:id:mick_kamihara:20150420225219j:plain

この写真がキャンバーのところです。奥の方から走ってきて坂の途中に自分がいますがここからもう一回下ってスピード乗ったら竹林です

f:id:mick_kamihara:20150420225424j:plain

ここがちょうどフルブレーキからヘアピン曲がって竹林に入るところ

 

追いぬくポイントも少なく、一旦先行者に捕まるとペースが落ちてしまいます

先に行われたシクロクロス車でのレースを見ると、今回のコースはMTB向きだなあということがよく分かりました(パンク多発、滑って転倒多発)

キャンバーのところは上級者は本当にスムースに速度を落とさずに抜けるのに対して、慣れていない自分のようなのは本当におっかなびっくりで、余計にズルズルとタイヤを滑らせてタイムロスしてしまいます。最初はここが一番怖かったですね

 

斎藤さんやしゅんけすさんのシクロクロスレースを応援して、キッズの部が終わってからいよいよMTB C4です。なんとしゅんけす氏はここにも登場。熊トレジャージ2名です

22名でのスタートですが、ほぼ最後尾からのスタート

1周目だけバラけさせるためか、コースが違っていて飛び出しますがほぼ最後尾

ダブルトラックのところで数名パスするも、登り切ってからは抜けるところが少なく渋滞(汗)

1周目は「これはやばい、抜けないまま終わる」という焦りの中走りましたが、一人一人と落ちてきてパスして12位で2周目へ

 

コース前半は上りが続くので、やはりここで持久力勝負になりますね

体力があればここで踏んで先行できるので、普段からのトレーニングの成果がでるところです。あまり踏むと砂利で滑るのですが、丁寧に踏んでパスしてシングルトラックになってコース全体のてっぺんへ

そこからジグザクセクションを過ぎて例のキャンバー部分

 

ここは最初の何回かはビビリでしたが、3周目くらいから上級者の使っている上側のトラックを使うようにしたら意外とスムースに行けることを発見。おもいっきり後ろに体重を乗せてリヤブレーキを当てながら前が滑り過ぎないようにコントロールして一気に下ると、タイヤが太いのもあって面白いように走れるようになりました。やっぱりMTBは楽しいと思う瞬間ですね

 

2ラップ目は8位で通過、3ラップ目はさらに上げて6位で通過し4ラップ目からは20m先にしゅんけすさんが見えたままずっと5位で走っていました

なかなか追いつけず、ラップ遅れが絡むと差が縮んだり伸びたりしながら走ってました

6ラップ目くらいから自分のペースが少し落ちて差を開かれてしまい、距離差は40mくらいになったかな。追いつくのは厳しいなと思いながら走っていました

 

f:id:mick_kamihara:20150420225551j:plain

 

このCrifford、運営も素晴らしくコース設定もよく考えられていて楽しいです

レース中もコース内に聞こえるアナウンスが頻繁に状況を知らせてくれるのも分かりやすいし、自分の位置がわかって楽しいです

あとはままつMTBでもコーヒー頂きましたが、今回もBUCYOコーヒーとトマトパスタいただきました。うまうまでオススメですよw

 

レースは同じポジションのままラストラップへ

先行するしゅんけすさんとの差は30mくらい

その前の3名は自分から見えないところでトップ争いしている様子

砂利セクションを抜けてコース頂上の折り返しでしゅんけすさんが先行者2名に捕まっているのを確認。キャンバーのところでは今度その人達が自分の直ぐ目の前に

竹林に入るところは一人しか入れないのでちょっと強引に1名パスして入ると竹林渋滞(笑)

なんとしゅんけすさんも捕まっているし、自分も行き場がないパターン

竹林の中、トラックができていない場所をハンドル当たるかもしれないの覚悟して一か八かで進んで2名をパス

竹林から出てゴールラインまでダッシュしてかなりインチキ臭いパターンで4位獲得(ごめんね〜)

f:id:mick_kamihara:20150420225724j:plain

 

【まとめ】

6.4km、25分、262kcal、パワーなど不明

Scott Scale 760

 

【感想】

心拍はレースペースでしっかり170台に入っていた。ロードと違って息を抜けるところがあるけど、違う意味で緊張するセクションもあって心拍上がっていたのかも。思っていたくらいあがってて、なんと最高は180。やっぱりレースw

 

コースや運営は面白かったのでもう1カテゴリー出てもよかったかなあ

近場にこんな楽しいところがあるなんて

今シーズン初のブヨの洗礼。ハッカ油スプレー使ったけど効果なしw

 

こういうレースしか走らないなら、フロントのギヤは1枚でいい。3枚あるのはロードというかツーリング目的?

MTBの太いタイヤは心強い。本当にダートは楽しいですね

 

【リザルト】

http://wakitasoft.com/Timing/Results/2015/20150419_2/Result04.pdf