読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mick-Bike

Mick Kamiharaの自転車関連日記

熊トレ #37

梅雨の晴れ間、久しぶりに熊トレに参加しました

今日は浜北駅でも10名以上、第2集合場所では30名以上も集まって賑やかでした

f:id:mick_kamihara:20150712063340j:plain

 

30人もいるので4班構成です

まとまりが悪くてみんな前に行こうとするので、班を分けているポンタさんも大変そう

f:id:mick_kamihara:20150712063347j:plain

 

第3グループで出発します

N監督、ケンタくん、サカイさん、なるさん、waoyaさん、d-sukeさん、自分の7名でスタート

平地は平穏に抑え気味で進みます。いかに楽に走るかが今日のテーマです

両島の信号で停止して平地を進みます。HRは150台とかなり楽めですが、前に出た時は少し負荷をかけて牽引します

ローテーションが機能するのでかなり楽に走れます。7名もいるといいですね

 

石神の里への坂から負荷がかかり始めます

坂を登って次は第一山岳、なるべく楽をするように足を休ませながらボトル坂へ。集団のペースも落ちないですので心拍が上がってきます。

ボトル坂は気合い入りますね。今日の1分、2分最大パワー出てました。坂の終盤あたりでN監督が逃げようとするので集団に声をかけて食らいつきます。いつもここは苦しいですが、なんとかローテーションに戻って確認すると4人になっています(N監督とケンタくんとサカイさん)

 

自分にとって次の鬼門はこの先の区間で、だいたい千切れるのはこの辺り(焚き火と呼ばれる区間)

4人のローテーションが機能しているので、おかげさまで比較的楽に今日はこなせました(もちろん自分も前に出た時は引いてますよ!(汗))

 

第2山岳あたりから前の人に追い付き始めて人が増えたり減ったり

それでも最後は4人で回して列車は進んで、残り2㎞くらいのところで後発トレインに追い越されます

なんとケンタくんは乗って行ってしまい、3人が取り残されます

派出所あたりで自分とサカイさんの二人になったっぽいので、最後の坂の途中からネバネバダンシングでGSまで

後ろを振り返らず平地も残る力をふりしぼって全開で踏んでフィニッシュラインへ。手元の計測では40分ちょっと切ったようでした

 

【機材】

Cannondale CAAD10, Shimano RS-10(Front), Mavic Open Pro+PowerTap(Rear), Panaracer Closer plus (front+rear)

f:id:mick_kamihara:20150712080700j:plain

【感想】

手を抜くなんて偉そうなことを言っているが、そうしないと後半に残らないことがよくわかった。

Stravaの区間だと39分21秒で自己ベストから3秒差。自分の場合本当に機材の影響が少ないというか・・・

 

【おまけ】

あらたまの湯の近くにチーズ工房ができてました

試食させてもらっておいしかったので買ってみましたよ

f:id:mick_kamihara:20150712114904j:plain