読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mick-Bike

Mick Kamiharaの自転車関連日記

モリコロヴェロフェスタ 男女ペア60分の部優勝

モリコロヴェロフェスタに男女ペア60分で参加しました

HOME - morikoro-velofesta ページ!

 

モリコロのサイクリングコース約5kmで行われるレース
午前中が120分のレースで、午後は60分です
12月も終わりに近い日曜ですが、多くの参加者です

 

TRX-Racingとしてエントリーしたペアの部というのは、二人の周回数を競うクラスで、その他はソロの部
ほとんどの参加者はソロで、とくに男子は100人以上いる雰囲気

 

 

モリコロに到着すると120分のレース中
熊トレ仲間の方々を応援しながらドタバタと準備して試走
今回はTRXは3名参加。ペアとソロ1名で、上手く行けば一緒に回して走れるねえとか言ったり

 

作戦は基本自分が風よけで女子をしっかり7周走らせての勝利
もし同調するような男女ペアチームがいたらラストラップで一騎打ちとかw

試走が終わったらもうすぐにスタートの時間で、荷物を置いてたり準備する時間も少なく少々焦り
あー、スポーツようかん食べるの楽しみだったにとか思ったりw
あとスタートの方法がちょっとテキトウというか、早くスタート地点に来て並んだ順なので意外
ガチのレースとはちょっと雰囲気違いますね。これはこれでいいのかも

 

女子がいるのを理由に勝手に前の方に並びレーススタート
左に曲がってコースに入って早速坂を上がります

前半の森の中は途中まで登り基調、途中から下り始めてスピードが乗ります
後ろをチラチラ見ながら周囲に多数のライダーがいるので難しいなあと思ったり

 

コース後半は木々が少なくなり風が強くなります
トレインが出来てますが、女子もいるのであまり高速なトレインは無理
風も前というより横風に近く自分を上手に風よけにするのも難しいだろうなあと思ったり

 

1周目は8分台と思ったより良いタイム
9分で走れば確実に7周できるのでよいよいと思いながら、前から落ちてくる人をパスしていきます

 

3周目あたりになってくると周囲の人も減ってきて走りやすくなったり
スタートでたくさん並んでたから出遅れてしまったんでしょうね、たまに後ろから男子の集団が追い抜いていくけど気にせずアシストに徹します。

 

なかなか慣れない走り方ですが、後半もしものために溜めるというのも作戦

自分たちと同じ男女ペアの緑ゼッケンが周囲にいないことや抜かれていないことを注意して走ります

 

やはりペアだけど男女別々で走る作戦のチームもいて、一人自分を抜いていきました
しばらく追走してみるとそんなに速くないので、そのうち追いつけるかもなあとか思いながらアシストに戻る

 

周回後半からの坂でペースが落ち始め、前半までの坂に来ると後ろを見ても相方がいなくなってしまいました
これはアシスト失格じゃねーか!マズイとペースを落とし待っていてもなかなか来ません
何組か男子の集団が追い抜いて行きしまいには女子ののんびり派まで抜いていくので、流石にこれはトラブルだろうと思い焦ってペースを上げて1周して戻ることに。(この間、ものすごく時間が長い!!!)

 

ぶっ飛ばして前半の坂まで来てコース脇にいて応援してくれていた方に聞くと「すぐそこ走ってたよ」とのこと!なんと、待っていた時に抜かれて見落とした様子(がっくり)
ペースを上げて坂を上がっていくと木々の間に一人で走る相方を発見
下り坂が始まる頃にやっと追いついて声かけてアシスト復帰できた、ああ、よかった

 

ここまででさらに一人緑ゼッケンの男子に抜かれたと思うけど女子には抜かれていないので多分トップ
ラップタイムも9分20秒台に落ちているけどまだまだペア7周は狙える状況なのでしっかり風よけしながら曳きます

 

2周ほどこなしてラストラップに入る頃、スタート地点の残り時間カウンターは3分台
まさかのためにここから一人で走行開始。気分は発射されたロケットの先端ですw

前半の坂を登るところで緑ゼッケンの男子一人捕獲、下りで飛ばしていると前半に抜かれたもう一人を発見。追いつけるかなあとか思いながら走ります


最後の坂を登り始めて20m差くらいなので、なんとかフィニッシュまでに追いつきたい
ここからが今日の(ひとりで勝手な)ハイライト
最後の坂に入ってからまずシッティングでケイデンスを上げ、それで少し差が縮んたところでスタンディングに。

坂がゆるくなり直線とトンネルが出てくる頃、ここから残り400mほどは後ろに食らいつき最後の最後で差しきって先着

 

あとでデータ見ると最後の1kmは約5倍を維持してました←やればできるじゃん

結果が発表されるまで勝ったのか分からなかったけど、我々だけペアで14周と2位に1ラップ差で勝利
女子の実力の差が結果に結びついたレースでした

 

【良かった】

・あまりガチなチームはいなかったとはいえ、優勝できたこと

・最後の1kmおもいっきり出しきれた

宮澤崇史さんの本を手に入れた(サインして握手までしてもらった)

 

【反省点】

・アシストがエースを見失ってどうする!

・表彰台で髪の毛がぺったんこだった(笑)

 

ということで表彰台の写真

https://www.instagram.com/p/_y9rCZkKuH/

.今日はモリコロパークで今年最後のレースでしたチームで参戦して男女ペア60分の部で優勝。怪我からの復帰とランクを上げて苦しい戦いが続いたシーズンの最後にぺったんこヘアーで表彰台の真ん中に上がれました(^_^;)一緒に戦ってくれたみんなに感謝します。ありがとーっ!#podium #bicycle