読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mick-Bike

Mick Kamiharaの自転車関連日記

FUJI-ZONCOLAN ヒルクライム in 小山町 2016

今日はふじあざみラインで開催されたヒルクライムイベントに参加してきました

FUJI-ZONCOLAN ヒルクライム in 小山町2016 | 静岡県自転車競技連盟

 

コースはこんな感じ

全長 11.4km、標高差 1,200m、平均勾配 10%、最大勾配 22%

ということで、いわゆる激坂です。遠州で言うと秋葉山が長くなっている感じですね

エントリーリストを見るとチャリダーの坂バカで有名な俳優さんや山の神の名前も見えます

自分は坂は得意ではないので、走ったことがないあざみラインを走って、イタリアとの交流イベントも兼ねているとかでランチも提供されるようなので、そのあたりを楽しみにしていました

 f:id:mick_kamihara:20161001102341j:plain

 

しかーしっ!!!

今朝は朝から雨模様

現地についても雨がしとしと

すっかりやる気がなくなってDNSを決め込んでダラダラしていると仲間は準備を始めます

渋々準備開始・・・着替えて下山荷物を預けて車検、スタート位置に行って出走サイン、そのあたりを走ってアップ。雨が降っているのでなかなか温まりませんが多少はというレベルまでアップして整列。路面は完全ウェットで落ち葉もあるし有名な大きめのグレーチングもあるのでスリップに注意です

 

スタートまでのセレモニーが続き号砲。120くらいいたのかな、一斉にスタート

有名な富士ヒルクライムとは規模が違いますが、あるいみこじんまりしていていいですね、こういうの

 

初めて走るふじあざみラインは雨、視界200mくらいの霧の中

遠くに坂が見えるなか先頭がガンガン走っていって、自分はマイペースでFTPくらいを刻みながら走ります

10分くらい仲間のうちの2名と走ったところでNIPPOヴィーニファンティーニのジャージ姿のライダーが3名見えてきました。招待選手というのは聞いていたのですが、ゆっくり走っているんだなあと思いながら後ろにつけます

 

静岡県での自転車イベントに3選手がゲスト参加! | NIPPO RACING PROJECT

 

3選手ともに雨のコンディションなので、すっ飛ばすようなことはしないで、見ているとすごく低ケイデンス。一人はイタリア人なんだけど彼が少し遅れてもう一人が付き合って残った一人についていくことに

 

横に並んで話してみると普通の爽やかな青年

というか、この人は確か窪木選手だよなあ・・・と思ったらやはりバイクにもそう書いてあるし、みんなと同じDe Rosaなんだけど彼のだけ日本代表カラーでした。そうか2015年の日本ロードレースチャンピオンにしてリオオリンピック代表、すごい人だ

www.kazushigekuboki.com

 

というのを意識してもレース中なんで、そこそこ踏みながら会話開始

こんな人と話できる機会なんてないし、それにお互い自転車の上ですからねえ。いろいろ会話が弾みました。バイクの話、イタリアの話、オーディオの話、練習の話などなど

あとトップクラスのクライマーだと、多摩の方から自走であざみラインまできて一日に4本登ってまた自走で帰るとか!なんじゃそりゃ!

 

盛り上がっているとさっき遅れた2名も追いついてきて3人で喋りながら走っていました。やはりちゃんとイタリア語で会話しているのでさすがですね

イタリア人の方はアントニオ・ニーバリ選手で、細身で背が高い印象。英語で話しかけてもイタリア語で返してくるので会話にならないんだけど、並走してど付き合ってゲタゲタ笑って面白い人でした

あとで聞いたら彼は今年のジロ・デ・イタリアで優勝したヴィンセント・ニバリ選手の弟!で、今年のTOJで彼もここで7位入賞してます

 

ということで、スタート直後からご一緒させてもらって結局フィニッシュまでくっついて走って、ゴール手前ではカメラがいるので前にどうぞなんて言ってもらってすっかり楽しんで走ってしまいました

 

ということで窪木選手と記念写真(笑)

f:id:mick_kamihara:20161001101815j:plain

世界で戦う日本のスポーツ選手、たくさんいますが応援したくなりました

自転車ロードレースだと新城選手が有名ですが、ぜひ追いついて追い越して行って欲しいですね

 

で、結果ですがまじめにプッシュもしなかったのでタイムは67分ほどで、トップの山の神から遅れること21分。年代別でも13位とか良いともなんとも言えない結果ですし、今日は無事に帰ればよいという感じで

パワーデータも先日の熊〜トンネルや、7月の秋葉山のときのようにプッシュしなかったのでそんなに追い込んでいない結果でした。まあそうでしょうね

 

5合目で休憩後、少人数グループに分けてバイクの先導がついて下山

上は晴れていて過ごしやすい温度だったんだけど、下山開始するとすぐに雲の中で霧雨

グレーチングや落ち葉も多いのでゆっくりの下山でした

 

そこからが交流会のメインイベント?の参加者が集まっての昼食会。日本のおどりや太鼓が披露されているなか食事がたっぷり用意されました。これはうれしいですね

 

あと、チームメイト(Y-PRO)が表彰台に上がったのも今日はニュースでした

2位おめでとうございます!!!

f:id:mick_kamihara:20161001141334j:plain

いつもぶっちぎられるのですが、やはり実力はこういうことなんですね

 

 

【良かった】

コンディションが悪いなりに無事に走れた

いい話が聞けた

アップしない割には走れた

 

【反省点】

追い込めなかった(というが、そのつもりもあまりなかっただろうw)

 

【感想】

小山町の方々の昼食会のもてなしが半端ないくらいすごい。雨で残念だったけど、天気がよかったら相当楽しかったでしょう

去年はイタリアのZONCOLANでグランフォンドが開催され、今年は富士山だった様子。去年のビデオを見せてもらったけど走ってみたいなあ、とか

 

【機材】Cannondale CAAD10, Campagnolo Shamal Ultra, Continental GP4000SII

 

【おまけ】けっきょく坂バカ俳優はDNSでした