読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mick-Bike

Mick Kamiharaの自転車関連日記

東海CX 16-17 #6 愛知牧場

今日は愛知牧場で行われた東海シクロクロス第6戦に参加してきました

https://www.instagram.com/p/BP2Ibs5gMQe/

東海シクロクロス第6戦 愛知牧場

#cyclocross #cxjp #東海シクロクロス #toyoframe #trxracing #ヒゲ靴下

www.aiboku.com

1月下旬ということで寒さなどなど冬の辛い天候を想定していましたが、またもや春のような陽気で、結果から言うと半袖レーパンでのレースでした

愛知牧場というのは初めて行ったのですが上のリンクにあるように家族連れで楽しめるファミリー牧場です。そんな場所を使ってシクロクロスのレースをするなんて、家族連れのお父さんにはまたとない機会w (というかそうでなくても行くけどw)

 

到着後試走開始

コースマップを見ていたのである程度想像はしていたんだけど、やはりテクニカルなコース。ハードパックに砂が浮いていたり砂利があってグリップしない坂、少し深い砂、ギャップ多数の草地や木の根っこなど路面の変化も多いです

これに加えてアップダウンも普段の東海CXにはないくらいたっぷりあるので非常にテクニカルです。これは楽しいですね~、MTBで走ったらどうなのかなあとか気になったりします(笑)

 

試走の後は浜松の仲間のレースを応援。みんなとっても苦しそうに楽しみますので応援しがいがあります。今日はブースも多くて見るところも多くてそっちも楽しいです

 

レースの1時間前からローラーでアップ開始

負荷W数は見れないので心拍数をゆっくり上げるようにしていって160以上まで上がる頃には汗が吹き出します。今日は本当に暑い!イナーメのオールシーズンオイルを塗って準備してスタート場所まで移動します

今日は前回の結果があるので最前列スタート。66番が呼ばれて並びます。自分より若い番号の型は各務ヶ原で自分より先にフィニッシュしているのでとりあえず全員マークです

 

3分前にC3クラスがスタートし、いよいよCM2クラスがスタートです

今日はスタートラインの横にもチームメイトがいてうれしいです、ありがとうございます

号砲からハードパックの直線をスタート。ダッシュに成功して右カーブには先頭でオーバースピードでツッコミ(笑)マイルポストのMTBのT橋さんが前に出たので後ろについて丘の上まで。MTBだからか速度が乗らないので頂上手前で先頭に出ます

まさかのトップ走行で前半の丘を下ります。このセクションは基本ハードパックの下りですが、ヘアピン上のカーブが直線でつながっていてとてもテクニカル。リーンアウト気味で後ろのグリップに注力しながらフロントを滑らさないように慎重に行きます

 

中央セクションに戻るころには後ろに気配が

凸凹が深いターンでミスしたところをインからギルファルコン緑色のジャージの方に抜かれます。ゼッケン64はマークしていたうちの一人、さすがですね。いいペースなので食らいつくことを試みますがちょっとレベルが違いすぎであっという間に10mほどの差に

階段にやってきて練習したとおりダウンチューブを掴んで担いで上がるのには成功

ここからの下りセクションはカンティブレーキには不利というかタイヤに負担のかかる走りになってしまいがちでした。黒いマットが敷いてあって一気に下ったらすぐに凸凹深くさらに木の根っこが数か所。試走で確認したので理想的なラインをいつも走ることを意識したいなと思っていました。1周目はバトル状態になかったのでそこを走れたのだけどその後はどうなることやら・・・と思いながら西側セクションへ

 

西側は起伏のある牧草地かつ全体が南側に下がっているところをジグザグに走るテクニカルな場所。カーブは朝イチと違って砂が深くなっているところもありましたね

ここは使えるラインも少なくて追い抜くタイミングも難しかった

中央セクションに戻るところに厳しい砂利の坂があって、頂上付近に上がるあと一息のところは本当にきつかった。このあたりに戻ってトップとはもう10秒位離れていたのかなあ

 

ブース前では仲間が激しく楽しく檄を飛ばしてくれます

中央セクションの南側がジグザグアレンジになっていてここは楽しいです。チビと仲間もいて声をかけてくれるしフィニッシュラインに向けてパワーアップします(笑)

2周目からはフィニッシュラインの横にシケインがアレンジされてます。しっかり速度を落として進むんだけどここがちょっとしたキャンバー状態になってて楽しいです

 

1周目からはすぐ後ろにいる方とランデブー走行でした。yko氏のアナウンスがよく聞こえるのですぐ後ろにいるのは分かっていました。しっかり後ろから眺められているのだろうなあと思っていましたが突き放すくらいしか作戦もないのでアゲアゲで行きます。もの凄くきついですが

 

2周目は1週目に失敗した凸凹ターンのところをインベタで。こっちのほうが良さそう

後ろの人はぴったりついてくるのはターンのたびにわかるんだけど、少し差をつけれるところもあったり明らかに詰められるところもある様子

階段のところですぐ後ろにいててその後の下りもしっかり見られていたのかも

西エリアの下りきったところでも応援してくれる仲間が!愛知牧場はみんな気に入ったところで応援できるのがいいですね~、ありがとう!

 

f:id:mick_kamihara:20170129231843j:plain

 

3周目の前半の下りでついに抜かれてしまいます

ゼッケン61は前回2位の方。相手に不足なしです。今度はぴったり後ろをつけて走ります。自分と大きく違うのはコーナーごとにイン側のクリートを外してコーナリングするところ。スムースに行くイメージですね。対する自分は効かないカンティブレーキでガッツリ減速して立ち上がって踏み踏みを繰り返し。4週目に入るシケインのキャンバーのところでタイヤが滑って足をついてしまいました。これで一気に差が広がり、その後の丘に向かう坂で差が広がることに

 

さっきと同じで詰めれるところもあれば差をつけられるところもあるんだけどやはり坂があるごとに差がついてしまいます。せっかくテクニカルなところで詰めても坂、とくに後半のところで差がついてしまいました。気がつくと30mほど前にいて無理かと思っていると10mほどまで追いついていたりでしたがラストラップでも追いつけず3位でフィニッシュへ

 

 

f:id:mick_kamihara:20170129122827j:plain

 

【良かった】

50人ほどエントリーしたCM2の東海CXレースで昇格後初の表彰台獲得!今シーズンあるとは思っていなかったので単純に嬉しい

サドル高さを完全にロードと同じにしたのはパワー的には良かったのかも。ただしケイデンスは上がらなかった模様

階段練習できたのでスムースにこなせた

SERAC MUD TLをフロントに使い、速度が乗せられた。完全ドライのレースだったがフロントのグリップも問題なかった(というか、そういう走りというか)

愛知牧場、本当に楽しかった(レースも、会場も、動物も)

 

【反省点】

1位、2位の方に食らいつけなかった。1位の方は圧倒的だったが2位は体力的にだめだったので、まだまだ稽古が足らん

 

【機材】

Toyo CX-S, Front: WH6800/IRC SERAC MUD TL 2.0bar, Rear: ZTR Alpha/IRC SERAC CX TL 2.0bar

試走で少し跳ねが多いと感じたけどグリップ感も悪くなかったので2.0barで行くことに。スタート前にRear側だけ一回バルブをワンプッシュおまじない