読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mick-Bike

Mick Kamiharaの自転車関連日記

万場クリテ 2015

去年の鎖骨など多重骨折からのロードレース復帰は万場クリテリウムになりました

今年からクラスを一つ上げてオープンクラス。3段階の真ん中に出場です

f:id:mick_kamihara:20150927154404j:plain

エントリーリストには30人ちょっとという雰囲気

聞いたことのあるチームが沢山で、簡単ではない雰囲気です

でも家族もTRXのみんなも応援に来てくれているのでパワーもらえるし、この大会は本当に主催者のお父さんたちの手作り感というか、あったかさを感じる良い大会なところも◯です

 

まずはミニミックが今年も1周のレースに参加。楽しく1周走ってきました

その後試走した感じではいつもよりは風は弱め、でも無視できないくらい西に向かうセクションではあります

 

今年も作戦は前で展開してゴールスプリントに絡む、です。うまくいくでしょうか?

号砲からスタート、やはり速度高めであっというまに40km/h超え

LRCCの赤いジャージの方が元気よく飛び出していきます。あとYKO通信で有名な丸山さんも前で展開しているのでチェックさせてもらいました

 

先頭集団で展開しようというわりには、やはりシケインセクションで集団が縦にながくなってその後の追い上げで脚を削られます。自分はここが嫌なので前でシケインに入るのが好みですが、そこに至るまでに前に出られてしまうので簡単に前進入させてもらえなくなります

集団は20人以上いる雰囲気ですかねえ

 

4週目から集団の後方に沈むようになり、これは良くない展開

西に向かうセクションで風を受けながらも集団の右に出て前に出ないと次のシケインでまた後ろに沈むことになるのでがんばります

そうするとシケインは前で入れるんだけど今度はその先で楽してて集団に追いつかれるというパターン。まあこれは悪く無いだろうという思いで進みます

 

5周目以降、とくに6周目あたりにペースアップがあり脚を削られましたね。この辺りがかなりきつかった。その後は少し平和になってラストラップ、スタートラインを過ぎてしばらくして2名ほど発射。これ許しちゃ行かんと反応してしまいシケインに3番手で進入するくらい掛け、東に向かうセクションでなんとなく追いついていく展開。でもここで脚を使いすぎてしまい、後ろからBC Timersなどを中心とした集団がガンガン追い抜いていく状態に

 

ここが今日の見せ場なので食らいつくべきところでした

西に向かうセクションになる頃には周囲にライダーだらけ。20人くらいいる雰囲気で先頭が誰かもわからない状態に

橋のところからスプリントするつもりだったけど前後左右塞がれていてコース無し。前の横並び数名はまだスプリント開始する気配すらない。じんわりペースアップに付き合いながらなんとなくスプリントが始まって数名抜いてゴール。ちょっと不完全燃焼な結末でした

 

【良かったところ】

  • 去年よりペース速かった。大怪我からの復帰としても、それ抜きにしても成長出来たと思う
  • クリテの緊張感久しぶりで楽しかった
  • まあまあ前方で展開できた
  • 万場クリテのベストラップ更新。StravaでKOM取れた(笑)←なんちゅーオマケ
  • 多少危ない動きをする人、体が触れるような動きがあって危ない場面もあったが冷静に対応できた

 

【良くなかった】

  • 肝心のラストラップでの作戦ミス
  1.  集団に食らいつきまた前に出るべき。
  2.  重要場面でないところで脚を使い過ぎない

  • 最後の直線で先頭が見えなくなるような位置取りはダメ
  • 散々練習してきたスプリントが出せなかった。これは悔しい
  • ストレスバランスが十分回復していなかった(が、これは直接の敗因ではないと思う。ここ最近の練習量管理の問題)

 

ということで、上のクラスの洗礼を受けましたw

パイオニアの装置でいろいろ課題も見えてきましたし、またきつい練習でもがいて挑戦しに行きます〜

 

【機材】Cannondale CAAD10, Campagnolo Bora One, Continental GP4000SII(リヤはそろそろ交換)