読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mick-Bike

Mick Kamiharaの自転車関連日記

秋葉山TT大会 2016/07/31

7月最終日はなるさん企画の秋葉山TTに参加しました

blog.livedoor.jp

クソ暑い時期で厳しかったですが、チームメイトとたくさんの練習仲間のおかげで自己ベスト更新っす!

f:id:mick_kamihara:20160731223536j:plain

早朝からセミがガンガン鳴いてる猛暑な朝ですが、上の写真のように沢山の参加者が

TRX-RacingチームメイトのWくんも参加です

 

秋葉山TTコースは約7.6㎞、斜度は9%の激坂です

森のなかで涼しいのが救いですね

道は狭いですが

f:id:mick_kamihara:20160731080252j:plain

 

スタートからいきなり斜度9%の世界

Wくんと並走してだんだん息が上がっていきます

道は長いのでいきなり出しすぎてもなので、抑え気味に行きますがキツイ

だんだん辛くなってきて何度も「Wくん、先に行って」と言いそうになりますが、もう少し、もう少しと我慢してみます。仲間が近くにいると強くなれますね

 

先に出た人数名をパスしながら、今度は後ろから来た速い人にパスされながらゼーハーしてると半分くらいのところ、視界が少しだけ開けます

ここのつづら折りあたりで抜いていった赤いジャージの人を追走開始すると一人に

 

この辺りからもう必至でスタンディングの回数は増えるし、立っても全然加速しないし、オマケに何度も低いギヤを探す始末。セミコンパクトと28Tでは足りないという感じでケイデンスは50台へ。後半はパワーも落ちてきてました

 

だいぶコースも覚えてきて、後半のきっつい直線的な上りを超えて最後のつづら折りあたりで35分とかそれくらい。残り500mの看板が出てきてこれは初の40分切りが見えたので必至で踏んで赤いジャージの方のすぐ後ろでゴール。なんとか39分50秒で目標達成です

 

【良かった】

IF=0.99と最後まで出しきれた。6分以降フィニッシュまで自己ベストのパワーではあった

違う筋肉を使うことを意識できた

 

【反省点】

9%がずっとの世界ではやはりコンパクトクランク必要なのか・・・

サドルを3ミリほど上げてみたがあまりよくわからない

 

【機材】

Cannondale CAAD10, Campagnolo Shamal Ultra, Continental GP4000SII

f:id:mick_kamihara:20160731085959j:plain

フィニッシュ後の大鳥居の下。みんなお疲れっす

 

ということで、遠州最強のヒルクライムコース秋葉山上社へのコース、脚に自信のある人は是非どうぞ

Strava Segment | Akiba Hill Climb

 

下山後はコーラ飲んでからSDL+TRX+3110さんで船明までハードプッシュ

8.7㎞ほどをローテーションしながら走りました

そんなに遠くないの分かっていたので前に出た時は400W覚悟でプッシュして後ろに下がって回復を繰り返します

花桃の里を超えてもみんな千切れず、最後のトンネルでやっと3110さんと二人に

船明ダムの信号のところでフィニッシュするときには少し差を開けられましたが、出しきってIF=1.02でした。ヒルクライムした後にしてはよいですね

 

この暑いのにこんなハードプッシュしてしまったので、そっからは一人になってヘロヘロと日陰を選んで走ります。いつもの三段坂は暑そうなので森林公園を走ってみると、茶屋がやってて”氷”の文字が!当然休憩ですw

f:id:mick_kamihara:20160731104443j:plain

たまりませんなw

おばちゃんしっかりサービスしてくれてボトルに氷水まで入れてくれました

 

【おまけ】

秋葉山上社への道の近くにこんな素敵な橋があります

f:id:mick_kamihara:20160731074225j:plain