読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mick-Bike

Mick Kamiharaの自転車関連日記

みやだクリテリウム E3予選敗退 2016/08/07

JBCF みやだクリテリウム E3に参加しました
 
みやだクリテリウムは参加者が多く予選があり、E3クラスタでは一つの予選の参加者約50名で3.2km x4周を走ります
この内上位17名が決勝に進めるというレースに参加します

 

コースはクリテリウムというにはけっこうアップダウンがあります
とくに1箇所200m位の距離でしょうか、斜度のきつい坂がありますし、直線でもだらーっと下がっていたり登ってたりするところがあります
レイアウトとしては90度コーナーを何個もつなぎあわせたレイアウトで、道幅は狭いです。田んぼの中の道を組み合わせたような場所なのでしょうがないですね
 
朝からE2やE1の予選を見学、チームメイトや知り合いの応援をしながら過ごします
近くを走ってアップして正午過ぎにサインをして集合場所へ。すでに前の予選と自分が参加する3組目も20人位並んでいました。出遅れたかという印象
 
とにかく暑いので日陰で待ちますが心が折れそうな暑さ
前のレースが終わって自分の番です
 
出走場所に並んで4列目くらい
周囲は全員知らないライダー
号砲から猛烈な加速で進みます
最初の左コーナー手前で先頭が曲がっていくのが見え、けっこう遅れてしまったことを確認
西へ進む直線は下り基調でトップスピードはかなり乗ります
ここでかけて前へ出て左カーブ進入でブレーキ我慢して立ち上がりかけて前にへばりつきます
次の右カーブではイン側になるのでブレーキ重視したら今度は立ち上がりがきつく周囲から抜かれます
4コーナーは左ですが出口外側がダートなので注意して坂を上がるところはスタンディングで必死に食らいつき
下りで休みますが、また次の右カーブを立ち上がったら強烈なインターバルで前に食らいつきます
次の右、左、左をこなして先頭集団最下位みたいなところで1ラップ目終了
ここまでの各インターバルは数秒ずつですが500W級で、普段自分がやっている練習よりずっと上の出力です。それで3kmも走れば終わりは近いです、ははは・・・
 
2ラップ目は集団が長くなって後方展開のまま
さっきの坂のところまでは食らいついたけど、登りでついていけなくなり千切れて終了
一人旅が始まりました
ここからはもう灼熱のコースを足切りされないようにフィニッシュを目指すだけです
コース脇で応援してくださる方々の声がうれしかったな
 
最終ラップのジャンを聞いて進み、コースが出会うところで先頭集団が最後の勝負をしているのを見てから一人で坂へ
最後まで踏んでなんとかフィニッシュラインが見えたところで、もう次のレースの順位をしているので信号のところで終了扱いに。初の実業団レースは予選を39位(完走扱いでは最下位)で敗退というほろ苦い結果となりました
 
【良かった】
実業団レースの経験値を得た。見学も含めて
難しいコースレイアウト、戦略を考える必要性も含めて見ることが出来た
自分の体力を考えた戦略の必要性がよく分かった
 
【反省点】
並んだ時点で後ろすぎた
レース最初で先頭付近に出れなかった(出来ないなら終わる)
インターバルが弱い
自分の実力ではこのインターバルで4周回はこなせない。こなせるようになるか、こなさないで済むように走るしかない
 
【感想】
ホビーのレースしか出たことがないのですが、世界が違いました
若い選手も多く本気度が違うおっさんも多いです
機材の違いもあるかもですが、体力やテクニックの違いも圧倒的だなあというのが正直なところ
自分は今では存在価値さえないカスですね