読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mick-Bike

Mick Kamiharaの自転車関連日記

はままつシクロクロス

遠州浜海浜公園で行われたシクロクロスレースに出場しました

はままつMTB Fes. 2015 | Country Morning Event

自分が出たのはMTBでも出場できる初心者クラス(C4)です

10名ほどで出走し、トップから2分遅れの4位でゴールでした

 リザルト

f:id:mick_kamihara:20150404162651j:plain

コースは2年前にMTBレースで走ったことのある場所で、シクロクロス用にアレンジされた周回コースです。

 

コース

前半の松林は主にシングルトラックかダブルトラックで多少アップダウンがあり、コースの一部は砂が深かったり荒れていてタイヤを取られような場所も。タイトなコーナーも多めで、ここはMTBのほうが有利かなあ

 

中盤は固くしまっているかアスファルトが多く、長い直線もあります。ここは明らかにシクロクロスバイクのほうがいいですね。

 

後半はまた松林の中で、海岸に近い方。もともとある階段などを利用した坂2箇所でバイクを降りないと上がれないところ、海岸近くの砂が多いシングルトラック、ゴール近くに障害物(あれなんて言うんだ、30センチ位の高さの板)が2枚あって、ここもバイク降りてちょっと持ち上げてクリアします

 

試走

試走時に初めて走りましたが階段や障害物以外はMTBレースでも走るような感じなので、大きな違和感は感じませんでした。しかし一旦降りてバイク押したりしてからジャンプして乗る練習なんて一切していないので、シクロクロスやっている方のを見るとなんとスムースで速いこと!クリップもすぐに決めなきゃですし、この辺りの作業の差は圧倒的。これはやばいなあと思いました

今回は明日のMTBも含めて練習と思って参加だし、初めてのシクロクロスなので勉強っすね。という気持ちに切り替えます

 

主催者曰く、大体8分で1周。20分のレースなので3周回で終わりでしょうとのこと。

スタート地点に行くと10数名ほど。数名MTBがいるという感じでしょうか

同じ会社のI君や、ロードの練習仲間しゅんけすさんもいます

 

レース

カウントダウンからスタート

アスファルト区間のスタートラインを過ぎて計測開始。ダートに入る頃には自分は6番手くらいでした。I君がトップでその後ろに数名、少し離れてしゅんけすさん含む第2集団という感じで前半区間を走行

 

ちょっとした坂でしゅんけすさんは掛けて行ってしまい先頭集団に追いつきます。

自分はシクロクロス車の走りを見極めたかったのでそのままシクロ車のツキイチでアスファルト区間へ。先頭4名ほどはアスファルト区間でも飛ばしていてここで少し差がついてしまいました。ここでもI君が先頭。熱心に練習しているだけあってなかなかいい走りです

 

後半セクションは階段でバイクを持って上がるところが2箇所。ここは慣れないので勢いで押し切って、バイクに戻るときも思い切ってジャンプしてサドルへ。なんか”どっしーん”みたいなイメージでサドルに着地してクリップ探して再スタートってのが慣れなくてすごく時間がかかっている気がします

障害物超えた先で落ちてきたI君と前に赤いジャージのシクロ車に追いつきます

 

2周目に入って松林セクションで二人の走りを観察

固くしまった場所や開けたところでは逃げられてしまいますが、タイトなコーナーなどはテクニックでカバーして追いつけるような雰囲気。とくにコーナーのブレーキングはディスクブレーキなので安心して走れます。初めてディスクブレーキのバイク乗ったんですが、これはいいですね

3人が少し距離を置いて連なって走っているとき、タイトな右コーナーでI君がフロントから転倒。自分はその前にいた赤いジャージの人のツキイチになります。

 

結構体格がいい方なので、体が重そうな雰囲気。とくにダートのタイトなコーナーでは自分の思った以上にスピードが落ちます。でもアスファルトなどでは差を付けられてしまい後半セクションでもついていくのがやっと(後ろからプレッシャーをかける作戦)

 

3周目に入っても同じ状態ですが、前の方の疲れが見えてきました

直線区間でパワー掛けて一気に抜いて単独走になります

しばらくすると後ろ見ても見えなくなり、前もずっと前から誰も見えないのでひとりぼっち。レースは4周になったのであと1周といいながら踏み続けて4週目へ

 

4週目は走っている途中に先頭がゴールしたことを会場アナウンスで知りました。走っている間は自分が何位かもよく分からなかったのですが、ゴール近くでアナウンスが名前を言ってくれて4位と知りました。アットホームな大会でもこういうのがあるといいですよね!

しゅんけすさんはトップから28秒(4周目でパンクしてもこの位置!)、自分は約2分遅れ、I君は落車後のメカトラを乗り越えて3分落ちでゴールでした

 

YouTubeなどで見ていた以上に苦しく、絶えずONとOFFを繰り返すインターバルという感じでしょうか。いつものロードとは違って楽しくもがきました。やはりダートは自分のバイクの原点でめっちゃ楽しいですね

 

その後参加した皆さんと談笑、上級クラスのレースを眺めながら美味しいコーヒーをいただいたり。もうちょっとだべっていたかったですが、用事もあるので先に失礼しました

(明日のMTB4時間もあるので)

 

シクロクロス、なかなかおもしろいですね!

 

ラップ表も出てた!

http://wakitasoft.com/Timing/Results/2015/20150405_2/lap_Result10.pdf

 

【まとめ】

GARMINを持っていくのを忘れるという失態で、データなし(T_T)