読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mick-Bike

Mick Kamiharaの自転車関連日記

サンドタイヤに挑戦 2017/02/16

Toyo CX-S シクロクロス

気になっていたサンドタイヤIRC SERAC TL SANDを試してみました

https://www.instagram.com/p/BQfoeSBAPga/

今夜はタイヤ交換などついにサンドタイヤを投入!

チューブレスにも慣れてきて普通のポンプで石鹸水なしでもビード上げられるようになりました(笑)

試しにすんごい低圧にしてそこら辺走ってみたんだけどすごいグリップ!なるほど!徐々に慣れていくしかないですね〜

#irctire #seraccx #seracsand

ということで、インストールも慣れてきたのですが、走る方は空気圧を調整して色々やってみるしかないので挑戦です

今シーズンはずっとSERAC CXでいいやと思っていたのですが、MUDをフロントに使ってみたら思った以上に走るので、ではSANDもやってみるかということで東海CX第7戦 WNPに備えて試してみることに

このSANDタイヤはSERAC CXやMUDにあるノブ(デコボコ)がほとんど無くスリックに近いパターンです。細かいノブがたくさんあると言ったほうが正しいでしょうかね

 

まずは2barに設定してアスファルト・・・よく走ります。当たり前ですが

ハードパックに来てそのまま走行。思ったほど滑りませんね。芝生も同様

 

1.8barに下げてトライ。ほとんど変わらない

 

1.4barに下げます。タイヤがグニャリとなるのがよく分かります

とくに方向を変える瞬間の前輪と、立ち上がりでトラクションかかるときの後輪が嫌な感じです。後輪は我慢できるけど、前輪はまるでパンクした状態で思った方向に操舵できない感じがしてきます。でもまあこれでも乗れなくはないし、ハードパックではリム打ちに注意すれば乗れるかなというレベル

レース速度だとちょっと気を使うかなあ

 

1.2bar。アカン。かなりグニャグニャで1.4のときの感覚がさらに強烈になるし、すぐにリムもヒットする。砂だけで乗るならいいのかもだけど、これでハードパックコースを攻めるのは勇気がいる

 

1.0bar。もうパンク状態で、リムからタイヤ外れるんじゃないかという感触。これを乗りこなすにはけっこう練習が必要だし、なんか怖い。

 

今朝の感想はこんなものです

前後同じ空気圧である必要もないし、ハードパックと芝だけなのでちょっとあてにならないところもあります。自分の中にあるSERAC CXでの標準空気圧や他の空気圧での結果とそんな変わらない印象です

やはりWNPみたいな砂で走ってどれが一番早く走れるか、体力が持つか、固いトラックでどう走れるかを考えて調整しなきゃですね

 

あと、同じことを普通のCXタイヤでやってどうかってのも気になります

何だ結局同じじゃん、なのか、やはりSANDのほうがいいね〜、なのか。どうでしょうねw

 

https://www.instagram.com/p/BQjKPhHgqZh/

砂地用タイヤで練習空気圧を1bar近くまで下げるとほぼパンク状態

グリップはとてつもなく良いけど乗り方が全く違う雰囲気

慣れないと使いこなせないなあ

#cyclocross #ircserac #toyoframe