読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mick-Bike

Mick Kamiharaの自転車関連日記

SDL 乗鞍合宿 2016/8

今年の夏休みはSDLの乗鞍合宿に参加させてもらいました
有名な乗鞍のヒルクライムレース出発地点から数キロのところにある宿に集合し20キロのヒルクライムです
先週の乗鞍ー八ヶ岳の反省を活かし、今回はより軽量なホイールを持って行きました

f:id:mick_kamihara:20160819142606j:plain

 

19日:曇り空
昼過ぎにスタート
すでに1本登ったタケシくんとPROについていく
前回のベンチマークとして8キロでちぎれたので、そこまではなんとかというイメージでした
ケイデンスは80〜90の間でおもいっきり踏まないイメージ、でもFTP直下がスタートから30分近く出てました
やはり3本滝を超えてその先、リフトの頂上あたりで終わりました。タケシくんの低ケイデンスとPROの高ケイデンスが対照的ですが、自分はどっちつかずの走り方でしたねえ
そこからは一人旅になって淡々と
前半はHR160平均でしたが、標高が上がるにつれて150前後まで下がりました。追い込めていないのか標高の関係かわかりませんが、出力もかなり下がっているのでたれたんでしょうねえ
この日もしっかり大雪渓が見えて気分が盛り上がり、ゴール地点の県境では先行する二人がすでに休んでいました
先週より3分短縮したのは、機材のせいですかねw 一応25分台に入りました。
もうちょっと良くなるかと思ったけど実力ですかねえ
 

f:id:mick_kamihara:20160827215527j:plain

 

みんなが到着するのを畳平待って写真撮影、温度も上がったのでソフトクリームなどもエンジョイ
下りはじめたらリヤブレーキが豪快に鳴くので、後ろをゆっくり走って下山。ホイール変えたらトーインも合わせたほうが良さそうですね
 

f:id:mick_kamihara:20160819143726j:plain

 
宿の温泉でのんびり疲れを癒やし、たっぷり補給を取って楽しい時間を過ごして普段はそんな時間に寝ないような時間に撃沈でしたw
 
20日:快晴→くもり
朝練するぞということで530スタート。空は雲一つない状態で乗鞍の山頂もくっきりきれいに見えます。これはテンション上がる!朝の気持ち良い空気の中を仲間と走りちょうど半分のところで引き返します。朝練は強度低めでのんびり景色を楽しみました。
宿に戻ってまた温泉w そしてビッグな朝食をエンジョイです

f:id:mick_kamihara:20160820053849j:plain

雲ひとつない空で頂上までくっきり!

 

f:id:mick_kamihara:20160820061747j:plain

 

f:id:mick_kamihara:20160820062104j:plain

 

f:id:mick_kamihara:20160820063152j:plain

 

900に頂上目指してスタート。今日は低めのケイデンスで最後までペース落とさずに走ってみることに
ホイールはYさんと交換してカンパのZonda。持ってみた感じではほとんど重さの差を感じないし、乗っても差を感じないですね。いいホイールです
前半から飛ばさず抑えめ、いわゆるTempo走のパワー領域で走りました
 

f:id:mick_kamihara:20160820101810j:plain

 
標高が上がるにつれてだんだん苦しくなってきたのですが、今回は前後半でHRの変化はほぼなし、ただしケイデンスは6rpm、パワーは20Wくらい後半で落ちています。たれているとも言えますが、心臓はほぼ同じ運動をしていて、出せたパワーが後半20W落ちたとも言えるので、そういう自分の体の特性が分かったといえるのかなあ
 
ただこの回は、上に行くほど天気が悪くなってきて気温も下がり、かなり久しぶりにひだりふくらはぎが攣りそうになる瞬間がありました。頂上ではガスっていて視界も悪いので、すぐに準備して下山だったし
この回のタイムは90分ちょっと。やはりプッシュしなかった分遅いですね
 
ということで2日目は1.5本のぼってごちそうさまです
また宿で温泉に入れてもらい帰路へ
 
2日間で2.5本乗鞍を登りました。コースもよく分かったし、自分の体質を理解することもできました
ヒルクライムはレースになると体力測定に近い要素もあって自分はあまり好きではないのですが、乗鞍のコースはそれ以上に景色も美しく走りがいのあるコースだとあらためて思いました